仕事に疲れた女性



時間外労働のきまり


労働基準法の定め


時間外労働とは、所定労働時間を超える分の労働時間と事をいい、一般に残業と呼ばれています。労働基準法の第32条第1項には、一週間につき40時間を超えて労働させてはならないと規定されています。そして第2項には、1日について8時間を超えて労働させてはならないとも規定されています。

所定労働時間というのは会社によって違いますが、一部の例外は除き上限は決まっています。したがって、1日10時間労働したのに残業代が貰えない、という事はありません。


休憩時間中も所定労働時間?!


時間外労働はわかりにくい所があります。休憩時間は所定労働時間に組み込まれません。これは一見わかり易そうですが、状況によっては所定労働時間になってしまいます。

例えば午前中に機械の整備を行い、その機械を稼働させて昼休みに入ったとします。上司が「トラブルに備えて電話に出れる様にしておいて」と言った場合、それは所定労働時間になります。例えトラブルが無く、本人は普通に休憩できたとしても、待機していたとして、労働時間となります。


上司や会社の指示命令


また、時間外労働には上司の指示命令があって行わなければなりません。とすると、部下が自己判断でした残業は該当しないと考える人もいるかもしれません。しかし、部下が定時後に働いているのを知っていながら黙認していると、それは指示命令があったものと同じ事になります。

また、当直で仮眠しながら待機している場合なども、残業にあたる可能性が高い状況にです。つまり、残業や労働時間ではないという為には、会社からの指揮命令が完全にないという状況が必要になります。


残業代請求

残業代請求の豊富な実績を誇る弁護士事務所。未払い残業代に心当たりのある方は、千代田中央法律事務所へご相談ください!相談・着手金は無料ですので、安心してお問い合わせください。