みなし残業の趣旨と問題点


みなし残業とは


みなし残業とは、あらかじめ給与の中に残業手当を加えておく代わりに、1か月あたり一定時間までの残業代を支払わない制度です。

たとえば月給に20時間までの残業代が含まれていれば、休日出勤でも深夜労働でも、20時間までの残業代は支払われません。しかし実際の残業が20時間より少なくても、手当を返す必要はありません。そして残業が20時間を超えると、超えた分の残業代が支給されます。

一見すると労働者にメリットが大きく、使用者には特に利点のない制度です。


増えているみなし残業制度


みなし残業は営業マンや研究者のように、実際の労働時間を把握しにくい職種のために作られた制度です。このような仕事は、労働者が自分自身で労働時間を管理したほうが効率的であるという理由がありました。残業をしてもしなくても同じ給料ならば、ダラダラと残業をするよりも、手早く仕事を片付けるのが有利だという動機付けになったわけです。

しかし現在では普通のオフィスワークでも、みなし残業を取り入れるケースが多くなっています。


制度の趣旨を理解していない企業が多く存在


残業が一定時間を超過したら、みなし残業制度でも残業代を支払わなければなりませんが、実際には支払わない企業が多く、トラブルの原因になっています。反対に所定の残業時間に足りていないと、もっと働くように上司から有形無形の圧力を受けることもあります。また超過した残業時間を、所定時間に届かなかった月の残業に充当させ、結局残業代を支払わない場合もあります。

制度の趣旨を理解していない企業はまだまだ多いので、注意が必要です。


残業代請求のための専門相談窓口

残業代請求の豊富な実績を誇る弁護士事務所。未払い残業代に心当たりのある方は、千代田中央法律事務所へご相談ください!相談・着手金は無料ですので、安心してお問い合わせください。